生前相続対策とは

生前相続対策は大きく分けて、以下の3つがあります。

(1)相続税の節税

相続税を節税するためには、以下の3通りがあります。

1. 相続財産自体を減らす

2. 相続財産の評価を下げる

3. 相続財産から控除される金額を増やす

(2)納税資金の確保

納税資金の確保には、以下の方法があります。

(3)争続の防止

争続とは「争う相続」の略語です。
相続で、残された親族間で争いが起きないようにするためには遺言書の活用があります。

相続税の節税

相続税の節税方法で主なものとしては以下の方法があります。

1. 相続財産を減らす

相続財産を減らすには、生前贈与という方法があります。

2. 相続財産の評価を下げる

相続財産の評価を下げる方法として、最も有効的なものは不動産の活用です。

3. 相続財産の控除額を増やす

相続税の計算上、相続財産から差し引かれる控除額を増やす方法としては養子縁組の活用があります。

納税資金の確保

生前相続対策の一つに納税資金の確保があります。
相続税は相続発生後10ヶ月以内に申告して納付しなければなりません。
そのため、生前に不動産の売却をしたり生命保険を活用する方法があります。

1. 不動産の売却

不動産は生前に売却しておいた方が、トータルで税金が安くなる場合もありますし、
相続発生から10ヶ月という短期間で不動産を売却しなければならないため、
買いたたかれて安く売却しなければならない場合もあります。

2. 生命保険の活用

生命保険は現金で支払われるため、納税資金として多くの方が活用してます。

争続の防止

争続とは「争う相続」の略語です。
相続で、残された親族間で争いが起きないようにするためには遺言書の活用が有効です。

遺言書の活用
遺言書は要件さえ満たせば、誰でも簡単に作成することが出来ます。
ただし、遺言書は安易に作ってはいけません。
作成方法を間違えてしまうと取り返しがつかなくなり、
残された家族の関係が修復不可能になることがあります。
遺言書は遺書とは違います。
自分の財産を誰に渡したいのかだけを書くものではありません。
最愛なる妻や夫への最後のラブレターであり、子供たちに伝えたい最後の言葉を書くものなのです。
「遺言書があれば、こんなに家族の関係が悪化しなかったのに」という話はたくさんあります。
人間はいつ亡くなるのかなんてわかりません。
遺言書を残したいと思ったあなたは、手遅れになる前に今すぐご連絡下さい!

お気軽にお問い合わせください。03-5510-2502受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問合せ・相談予約法律相談は初回無料